IMG_3012

こんにちは

今日は最近かなり安くなってきたRX570の価格について個人的な感想を述べたいと思います
RX570といえばAMD製のグラボなわけですが
性能はだいたいGTX970と同等、GTX1060の3GBモデルよりちょっとだけ下といった感じです
ちょいとグラフィックの設定をいじるだけで大抵のゲームでFHD、60FPSを達成できる程度の性能はあります

ただマイニングが流行っていた昨年まではかなり高い値段を推移していて明らかにコスパが悪い状態でした
ところが最近マイニングがほぼ壊滅状態になり、かなり価格が下がってきていて2万円を切る価格も見られる状態になっています

というわけでかなりコスパが戻ってきたのでは?と

そして更に今、AMD/RADEONのグラボを購入することでゲームが無料でもらえるというキャンペーンがあります。
参照リンク

RX570は以下のゲームから2本がもらえるということでした
・BIOHAZARD RE:2
・Devil May Cry™ 5
・Tom Clancy’s The Division2

で、これらのゲームの価格を調べてみると
バイオハザードはsteamで約7800円
デビルメイクライはsteam約7000円
ディビジョンはubi storeで約9000円

この中から2本ですから、バイオとデビルメイクライを選択しても15000円分、バイオとディビジョンを選択すると約17000円

これ、うまく行けば実質タダじゃねとこのあたりから考え始めました。


そして今回注目したのはこちらの商品


MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G
Core/Memory

Boost Clock / Memory Frequency
1244 MHz / 7000 MHz
8GB GDDR5
TORX Fan

- Dispersion fan blade: Steep curved blade accelerating the airflow.
- Traditional fan blade: Provides steady airflow to massive heat sink below.
Zero Frozr: Stopping the fan in low-load situations, keeping a noise-free environment.
Advanced Airflow Control technology: Improves cooling efficiency by using advanced aerodynamics to focus airflow.
Afterburner Overclocking Utility

Wireless control through Android/iOS devices.
Predator: In-game video recording.
Kombustor: built-in DirectX12 benchmark.
Supports multi-GPU setups.
All Solid Capacitors

10 years long lifetime under full load.
Lower temperature and higher efficiency.
Aluminum core for higher stability.
オフィシャルサイトより引用
※同じArmorのOCモデルは日本語のMSIオフィシャルのサイトにも記載がありましたが非OCモデルはまだ日本のサイトになかったのでアメリカのオフィシャルサイトから引用しています
価格ドットコム参照リンク
これ、私がよく利用しているショッピングサイトで、クーポンの利用とポイント還元で実質14400円ほどで買えちゃう感じでした

ということはつまりどのゲームを選んでも実質タダじゃんとなったわけです(これらのゲームに興味がない人にとってはタダじゃないかもしれないけど)

とまあ、ここまでが実質タダなんじゃね?と思った経緯でした

で、結局このコスパの良さに惹かれて私も購入してしまったわけですが、手放しで安い!買おうと思ったわけではありません

というかもともと今年、PolarisアーキのGPUを買う予定は全然ありませんでした

なぜなら今年7nmプロセスのnaviが待ち構えてるからです

噂ではGTX1080/RTX2070相当の性能のGPUが250ドルで出るとか・・・
購入者にとってはこのようなかなり魅力的な噂もあり個人的にはnaviを待つしかないじゃんと思っていました

ただ、最近のGPUの価格推移を見ていると新型が出てもほとんど値段下がってないので果たしてnaviが出たとしてそんな低価格を実現できるのかと少し疑問に感じ始めました

(まあ、もし仮に250ドルで出たとしても日本の場合は初物価格に関して中間マージンがかなり大きいので為替+αに準じた価格で購入できるのはおそらく販売開始から1~2ヶ月程度はかかるはず。)

実際、NvidiaのRTXは以前の世代まではアッパーミドルに位置づけられていた70番代のグラボ(GTX970や1070)の価格が最安値で6万(米アマにて499ドル前後)という価格で販売されています
GTX1070は2016年の10月あたりにはもう4万前後で買えた記憶があるんですけどね・・・

ちなみにゲーミング性能で見ると
RTX2070はGTX1080の少し上程度でGTX1080tiには届いていません
にもかかわらず2年前の今頃のGTX1080の価格と殆ど変わらない状況です
一応、RTXシリーズにはRTコアやTensorコアが乗っていてレイトレーシングやDLSS等の設定を使用するのであれば差別化は可能ですがそれらを無効化した状態でのフレームレート、ゲーミング性能は1割程度の向上。

このような状況下で果たしてAMDはGTX1080/RTX2070相当のGPUを250ドル程度の価格で出すのだろうか?
AMDはnaviにレイトレ専用、DLSS専用のコアは載らないと言われているのでそのような価格で出すことは可能だとは思います
確かにそんな低価格で出せば売れに売れまくるでしょうけどそこまで下げなくてもRTX2070よりも1~2割ほど低価格でも十分売れるように思う

なぜなら現状、ゲーマーはそこまでレイトレやDLSSには関心がないように思います
それよりも余計なコアは省いてできるだけ低価格でフレームレートを叩き出せるGPUを望んでいる気がします

そしてnaviが販売される時期も問題です
一時期2019年の6月に出るのでは?という噂も流れたようですが
こちらのサイトによりますとどうやら10月あたりにやっと買えるようというようなことも書かれています(こっちも噂なんですけどね)
そうなるとやはり初物価格の問題から日本で安く買えるのはおそらくそこから1~2ヶ月はかかる
ということはもうその頃は2020年・・・
そんな先のことになるともう待つとかそういうこと考えても仕方ないなと、至ったわけであります

まあいろいろ長くなりましたけど結局の所naviがどうなるのかは販売されて見ないとわかりませんし
これは私が損をしたと感じたくないための主観による予想ということでこのあたりでお開きにしたいと思います