最近、あのグラボはデュアルファンだから冷えるとか、シングルファンだから冷えないとかよく聞きますがそれについて思うところがあったのでGTX1660ti、GTX1060参考にしながら日記にしたいと思います


個人的にはファンの数より
ヒートシンクが重要だと思っています

例えばこちらのGTX1660ti

デュアルファンだし、冷えそう

しかしよく見てください

ヒートシンクスッカスカ

このグラボに搭載されているヒートシンク、インテルのCPUのリテールクーラーと同じタイプのヒートシンクなんですよね

このタイプのヒートシンクは基本的に冷えません

補助電源不要のグラボには以前からよく使われていましたがまさか補助電源を必要とするグラボにまで進出してくるなんて・・・

ちなみにこれはまだ銅芯が使用されているのでまだマシですけどPascal世代のZOTAC GTX1060 Single Fanはフルアルミでヒートパイプもないので出たときから冷えない、うるさいで一部では地雷認定されてました・・・
参考リンク

より改善されたものとしてこのタイプのヒートシンクにヒートパイプを装着した玄人志向の製品もありますが上記のものより改善されているというだけで基本的には廉価クーラーと考えるべきでしょう

まあ安ければこんな物でもいいんですけど、別段安くもない、むしろASUSのものは高いので個人的には選択肢には入らない

そして上記に対するこちらのGTX1660ti


バックプレートもないし、ファン一つだけだし安物っぽい感じで嫌だなーと思いがちですが

ヒートシンクが非常に分厚い

そしてもう一つの大きな違いはヒートシンクの厚さだけでなく種類です

先程書いたASUSの物は一つのアルミから形成しているだけですが
こちらは独立した薄いアルミ板を何十枚も重ねたタイプのヒートシンクになってます

基本的に後者のヒートシンクのほうが冷えます
それを裏付けるかのように高消費電力のハイエンドモデルはほぼこのタイプのヒートシンクしかありません

CPUクーラーに例えるなら簡単なところでリテールクーラーとサイズの虎徹でしょうか

シングルファンですが確実にこちらのほうが冷えるでしょうし、私はこちらを選択します

ただ、これらはあくまで私の判断基準で他人に強制するものではないと思っているので参考程度にお願いします(^o^)

他にもHDTか否か、ヒートパイプの数、ヒートシンクの向き、ベイパーチャンバー搭載等もありますがそれらはまたの機会に