先日届いた水冷パーツの初期不良テストと、同時にいろいろメンテをした記録
まずは先日届いたフィッティングの初期不良テストをしていきたいと思います
IMG_3038
メンテと検証も含むので初期不良テストにしてはちょっと大掛かりになってしまった

使用パーツ
CPU Celeron G3930
M/B ASRock H110 Pro BTC+
RAM CORSAIR CMK16GX4M2A2666C16
GPU XFX HD6970
CASE Antec P183
PSU KRPW-GT600W/90+

メモリはサブマシンから一枚拝借
マザーは例のマザボと言われているらしい
昨年の11月頃に中古で安く販売されていたのでなにかに使えればと購入していた物
マザー本体に電源スイッチがあるので検証にはかなり便利
グラボはいつもどおりのHD6970
中古で格安だったから壊れるの覚悟でいろいろ試せる
ケースはかなり古いP183を使用
中古で購入していたがいろいろ不満があって放置していたのを引っ張り出した
ケース内は120mmのラジエーターしかつけられないがチューブをケース外に出せる仕様になっているので360mmラジをリアに設置

結果、特に初期不良はなく水漏れなどもなかった

続いてHD6970のメンテと温度検証の記録

サブ機をRX570に交換した時に外したわけだが、その時に洗うのが面倒でクーラントを抜いたあとは自然蒸発を期待して放置していたグラボを分解してみる
IMG_3028
IMG_3031

まずはグラボのブロック
IMG_3032
ちなみに分解時にサーマルパッドはぼろぼろになりました(;_;)

IMG_3034
分解してみたら全くクーラント抜けてなくて\(^o^)/
クーラントは簡単には蒸発しないのかな?
次からは気をつけよう

IMG_3035


IMG_3046
洗浄後
今回はもう使わないので保管しておきます


GPUのみの温度検証をしたかったので汎用ブロックを取付
IMG_3047
IMG_3048
フルカバーのブロックと比べるとフィンが細かい

IMG_3049
VRAM、MOSは空冷で横から流すのですべてのヒートシンクをカードからは垂直に設置

IMG_3040
こんな感じ

続いて温度検証
検証ソフトはOCCTのGPUテストを使用

冷却システムは
360mmラジエーター1基(12cmファン2基設置。風量不明)
水冷ブロックはGPUブロック1基のみ
ポンプはSC600を使用
VRAM、MOS用に小型ファン2基(風量不明)


IMG_3042

ポンプ、ファン両方フル回転で最大45とかなり低い数値でした
構成が違うので単純比較はできないがフルカバーを使用していた時よりも低い気がする
フルカバータイプはMOS、VRAMもまとめて水冷で冷やすからその分上がってるのかな

ただフル回転で動かすと騒音がすごいので常用は厳しい

というわけで最低回転数まで下げた場合は30分で最大60度ほどでした

使用しているポンプが中華の安物なのでもう少しマシなポンプを使えば振動音と温度を両立できそうかも
高性能で有名なD5ポンプってどうなんだろうね
音が静かなら多少高くてもほしいな