巷では、玄人志向は保証がない、壊れやすいというような書き込みが目立つが果たして本当にそうなのだろうか?
玄人志向の公式サイトや、各種商品ページを交えて解説していきたいと思う
某所のレビューページや掲示板などで、玄人志向は品質が悪くこわれやすい上に保証がないと言うような書き込みがされることがあるが、実際のところはどうなのか?

確かに玄人志向は他のメーカーよりも値段が安いし、もしかして何かウラがあるのではないかと思う人も結構いると思う

というわけで今回は自身の後学のためにもそれらについて調べてみたのでその結果を書いていこうと思います

※個人が調べて得た情報なので必ずしも間違いがないとは保証できないのでそのあたりはご了承願います

1 玄人志向は年間保証がないのか?

ではまずは保証について

商品販売ページを見るのもいいですが公式サイトのほうが信頼性が高いので
まずはこちらの公式サイトを確認してみます
玄人志向サポートページ

保証は…

ありましたね

モノによって1~3年といった感じ

※キワモノシリーズは初期不良のみだがこれに関してはまさに玄人向けな製品が多いので私のような初心者ジサカーはあまり気にする必要はないと思う

ただ、玄人志向は他のメーカーと異なる部分があります
それは保証の際、どこに対応してもらうかです

ではまず、一般的なメーカーの場合を記述していきたいと思います

以下にあるMSI、ASUS、GIGABYTEなどの一般的なメーカーの場合、日本法人がない、もしくは日本法人があっても修理交換を日本では行っておらず代理店に出す事になると思われる



MSI GeForce RTX 2070 GAMING 8G グラフィックスボード VD6827


ASUS NVIDIA GeForce RTX 2070搭載 トリプルファンモデル ブラック 8GB ROG-STRIX-RTX2070-O8G-GAMING

GIGABYTE グラフィックボード NVIDIA Geforce RTX 2070 搭載 8GB ゲーミングモデル GV-N2070WF3-8GC




基本的にはアスク、アユート、リンクスインターナショナルなどの代理店に対応してもらうことになる

しかし玄人志向の場合は基本的には販売店が対応することになっています

ところがショップによってはそのことを把握しておらず保証を拒否されてたらい回しにされるというようなことを聞いたことがあります
おそらくこれによって保証がないと勘違いする購入者が出てくるのだと思います

しかし先程のサポートページに”ECサイトで買ったらメールサポート問い合わせしろ”と書いているので対応してくれない場合そこに連絡しましょう
おそらく同じメルコグループのCFD対応になるかと思われる
流石にサポートの旨を書いておきながらサポートしないとなると法的な問題が発生するので,そこそこの企業がそのリスクを負うとは考えにくい
(転売屋から購入した場合は新品であっても保証されないので注意)

初期不良に関してはECサイトであっても販売店対応になると思われる

ちなみに代理店が対応した場合、代理店にもよるが交換まで一ヶ月くらいかかることはよくある
しかも交換される製品はリファービッシュ品(再生品)がほとんど。

玄人志向は代理店と違って販売店の在庫と交換になることが多いのでその点に関してはむしろ利点と思える




2 玄人志向はこわれやすいのか?

玄人志向は壊れやすいという書き込みもあるがこれに関して書いていこうと思います

玄人志向はPCパーツメーカーではなく、単なるOEM供給先です

つまり玄人志向の販売している製品は玄人志向とは別のパーツメーカーが設計、生産しているということ


グラフィックボード場合、NvidiaのGPUを搭載したグラボはGALAX



AMDのGPUを搭載したグラボはPowerColor

電源の場合はEnhance、seasonicなどがあるようでした
私が以前購入した電源もEnhanceでした
seasonicは言わずもがな著名なメーカーだし、EnhanceはSilverStoneにもOEM実績があったと思う

グラフィックボードに関しては
OEM元メーカー自体が別の型番で、同型の製品を出している

パワーカラーを例に取ってみるとこんな感じ

AXRX 570 4GBD5-3DHD/OC [Red Dragon Radeon RX 570 4GB GDDR5]

玄人志向 ビデオカード Radeon RX570搭載 デュアルファンモデルRD-RX570-E4GB/OC/DF

玄人志向 ビデオカードAMD RADEON RX570搭載 RD-RX570-E4GB




GALAXでは以下の通り

公表上とはいえ仕様が一致してるしクロシコだけに安物提供してるってことはないかと。
モデルにもよると思うが私が過去に購入したものは箱は玄人志向だが中身はGALAXのEXOCでした。
基板の実装チップが削られている、ヒートシンクが廉価仕様になっているというようなこともありませんでした。

上記の比較はごく一部の製品なので例外がないとは言えないがこれ以外にもいくつか見てみたところ公式サイト上ではOEM元の仕様もクロシコの仕様も一緒でした。

余談ではあるが少し前に話題になったフェイクグラフィックボードについて、それに使われている外装はGALAXの製品の複製が多いようで、以前、某個人売買サイトでGALAX製の正規のグラボを販売していたにもかかわらず、コメント欄にて偽物だと指摘されていた出品者が居てちょっと不憫に思った
安易な偽物認定はやめよう

電源に関しても、OEM元が販売することはあるが型式を調べるのが面倒なので今回は割愛することにした

まとめ

上記1,2から玄人志向には保証も存在し、特別故障しやすいわけではないと思われる

価格が安い理由に関して、付属品は最低限で、なおかつ他のメーカーと違い保証以外のサポートが基本的にはないからだと思われる
あとは流通経路とか?

まあただ、ここまでクロシコ擁護の記事書いてきてアレなんだがクロシコの低価格モデルは結局の所、OEM元の下位モデルを採用してるから正直そこまで安くもないと個人的には思う。というか値段なり。
それなりの冷却性能、静音性を求めるなら価格は上がるがASUS ROG STRIXとかMSI GAMING X、クロシコであればHOFシリーズとか買っておいたほうがいいと思う





※この記事は2019年7月7日現在でのものとなり、閲覧時の日時によっては内容が異なっている場合もございます
ご了承願います