巷では、玄人志向は保証がない、壊れやすいというような書き込みが目立つが果たして本当にそうなのだろうか?
玄人志向の公式サイトや、各種商品ページを交えて解説していきたいと思う
某所のレビューページや、掲示板などで、玄人志向は品質が悪くこわれやすい上に保証がないと言うような書き込みがなされることがあるが、実際のところはどうなのか?

確かに、玄人志向は他のメーカーよりも値段が安いし、もしかして何かウラがあるのではないかと思う気持ちは理解できる
そのことに不安を持ち、購入を躊躇する場合もあるかと思う


しかし、結論から言うと、年間保証もあるし”玄人志向だけ”が故障しやすいというのはありえないと思われる

ただしこれらは主要パーツ(グラボ、マザボ、電源)の話で、キワモノシリーズには言及していないこと、またあくまで個人が調べて得た情報なので必ずしも間違いがないとは保証できないことをご了承願いたい

1 玄人志向は年間保証がないのか?

ではまず保証について解説していきたいと思う

こちらのアマゾンの商品ページ

現時点で商品ページには保証に関しては何も書いていない
やはり保証がないのだろうか?

ではこちらの公式サイトを確認していただきたい
玄人志向サポートページ

これで保証があるということは確認できたと思う
商品ページに保証関係の記載がないからと言って保証がないと判断するのは早計である

しかし、玄人志向は他のメーカーと異なる部分がある
それは保証の際、どこに対応してもらうかである

ではまず、一般的なメーカーの場合を記述していきたいと思う

以下にあるMSI、ASUS、GIGABYTEなどの一般的なメーカーの場合、日本法人がない、もしくは日本法人があっても修理、交換を日本では行っておらず、代理店に出す必要がある


MSI GeForce RTX 2070 GAMING 8G グラフィックスボード VD6827


ASUS NVIDIA GeForce RTX 2070搭載 トリプルファンモデル ブラック 8GB ROG-STRIX-RTX2070-O8G-GAMING

GIGABYTE グラフィックボード NVIDIA Geforce RTX 2070 搭載 8GB ゲーミングモデル GV-N2070WF3-8GC




基本的にはアスク、アユート、リンクスインターナショナルなどの代理店に対応してもらうことになると思われる

しかし玄人志向の場合は基本的には販売したショップが対応することになる

ところがショップによってはそのことを把握しておらず保証を拒否される場合もあるときく
おそらくこれによって保証がないと勘違いすることになるのだろう

そのことから玄人志向の製品をPCパーツ専門店ではないECサイトなどで購入した場合は玄人志向に連絡するよう記載されている
玄人志向サポートページ

ちなみに初期不良に関しては、ショップによって対応は異なるようだ

2 玄人志向はこわれやすいのか?

玄人志向は壊れやすいという書き込みもあるがこれに関して解説していきたいと思う

玄人志向はPCパーツメーカーではなく、単なるOEM供給先である

つまり玄人志向の販売している製品は玄人志向とは別のパーツメーカーが設計、生産しているということだ

ではOEM供給元を見ていきたいと思う

グラフィックボード場合、NvidiaのGPUを搭載したグラボはGALAX



AMDのGPUを搭載したグラボはPowerColorである

電源の場合はEnhance、seasonicなどがあるようだ
筆者が以前購入した電源もEnhanceであった
seasonicは言わずもがな著名なメーカーであり
EnhanceはSilverStoneにもOEM実績があったと記憶している

特にグラフィックボードに関しては
OEM元メーカー自体が別の型番で、同型の製品を出している

パワーカラーを例に取ってみよう
AXRX 570 4GBD5-3DHD/OC [Red Dragon Radeon RX 570 4GB GDDR5]

玄人志向 ビデオカード Radeon RX570搭載 デュアルファンモデルRD-RX570-E4GB/OC/DF

玄人志向 ビデオカードAMD RADEON RX570搭載 RD-RX570-E4GB

上記の製品を比べて理解していただけたと思う

つまり玄人志向が壊れやすいのであれば、PowerColorの製品も壊れやすくなければおかしいのである
しかしPowerColorの製品に対しては壊れやすいというような書き込みを筆者は見たことがない
※玄人志向モデルのみコストカットされているというようなことも考えられるが、筆者が調べた限りではあるが、基板の実装チップが削られている、ヒートシンクが廉価仕様になっているというようなことはなかった

GALAXでは以下の通りである

こちらもPowerColorと同様の理屈である

上記の比較はごく一部の製品であり、自身が購入を検討している製品については別途、確認してみるのもいいだろう

余談ではあるが少し前に話題になったフェイクグラフィックボードだが、それに使われている外装はGALAXの製品の複製が多いように思われる
以前、某個人売買サイトでGALAX製の正規のグラボを販売していたにもかかわらず、コメント欄にて偽物だと指摘されていた出品者を不憫に思った記憶がある

電源に関しても、OEM元が販売することはあるが型式を調べるのが億劫なので今回は割愛したい

まとめ

上記1,2の結果から玄人志向は保証も存在し、故障しやすいわけではないということを理解していただけたと思う

ちなみに価格が安い理由だが、付属品は最低限で、なおかつ他のメーカーと違い保証以外のサポートがないからだと思われる

しかし、保証以外のサポートというのは製品の取り付け方を電話サポートで教えてくれると言うようなことであろうか?
個人的には、そのようなものがPCパーツを扱う上で必要なのかは疑問ではある


さて、玄人志向の製品を買う際の不安を少しは払拭できただろうか
参考になれば幸いである


※この記事は2019年7月7日現在でのものとなり、閲覧時の日時によっては内容が異なっている場合もございます
ご了承願います